KOYANIMALSのブログ

作品製作、身の回りの気になることを。

オバケたち~Halloween

ひと月ぶりに書いてます。

 

f:id:KOYANIMALS:20171014185535j:image

 

私が子供のころは、ハロウィンなんて遠い国のもので、やっぱり日本では節分の鬼とかがポピュラーで、怖いヤツが出てくるのはお泊り会の肝試し、遊園地のオバケ屋敷くらいが身近な感じで。

 

今は、あちらこちらに賑やかなハロウィンデコが溢れてますね。お店にはハロウィン仕様のお菓子や仮装グッズが並んでて当たり前の風景。

東京渋谷なんかでは仮装した人々が挙って盛り上がってるよう。

 

 f:id:KOYANIMALS:20171014190749j:image

そんな中、

尾道ラテハートカフェさんの「ハロウィン展」で、初めてハロウィン的なものを作ってみました。

ハマるかな?と思ってたけど、

やっぱり楽しいね、こりゃ🎃✨

 

f:id:KOYANIMALS:20171014190434j:image

↑初めて作ったブローチは黒猫てことに。

 

f:id:KOYANIMALS:20171014190456j:image

↑このオバケ達は夏にはもう出来てたの。

f:id:KOYANIMALS:20171014190507j:image

↑で、ジャック・オー・ランタンやドクロたち

作りながらワクワク👻✨

 

f:id:KOYANIMALS:20171014190526j:image

↑コレは???輪ゴムを集める死神(笑)

キッチンにおひとついかが?

 

Instagramにはコマ撮り動画を載せましたが、

f:id:KOYANIMALS:20171014202544p:image

↑(ココを触っても動画は始まりません)

音も迫力あり過ぎて怖かったかな?

驚いた方、ごめんなさいね。

 

引き続き10月22日日曜日には

「みはランラン♪」

三原市本町縁側サロンいろはにて

ワークショップのイベントに参加いたします。f:id:KOYANIMALS:20171014203150j:image

↑プチトマトマグネット(3cm程・1000円)

を1時間半くらいで作ります。

可愛く仕上げるも良し、オバケ顔トマトにするも良し、お気に召すままお楽しみの会です。

 

f:id:KOYANIMALS:20171014192144j:image

f:id:KOYANIMALS:20171014202513j:image

↑この子たちや

f:id:KOYANIMALS:20171014192149j:image

↑この子も連れて行きますよ。

 

f:id:KOYANIMALS:20171014202642j:image

 


ブログでの紹介記事です→https://ameblo.jp/katari-bit/entry-12319197287.html


Facebookのイベントページです→https://www.facebook.com/events/1617786871606950/?ti=icl

 

癒し系の方々多し✨

私も癒してもらいたい~~~。

 

是非、楽しみに来てくださいね。

 

 

今回もお読みいただきありがとうございます。

 

さっ!作るぞ!

 

 

 

 

カエルって……

f:id:KOYANIMALS:20170911200643j:image

 

みどり色のいきものは、カメレオンに続いて二つ目なのですが、このアマガエル達はフォトジェニックな感じで気に入っています!

 

f:id:KOYANIMALS:20170911200810j:image

 

↑上の小玉スイカ(実家の畑産)は切ってみたら意外にも黄色い果肉。アマガエルと並べたらなんだかとてもオシャレな感じで。

 

f:id:KOYANIMALS:20170911013855j:image

 

↑いちぢくとアマガエル。

口の開いたいちぢくは、どこかカエルにも似た風貌なような。

 

f:id:KOYANIMALS:20170911105727j:image

↑ほんとに小競り合いでもしているかのようなコミカルさ。アマガエルはユーモラス!

 

f:id:KOYANIMALS:20170911014010j:image

↑果実の赤い色と緑が引き立てあって良い感じ。

 

f:id:KOYANIMALS:20170911014120j:image

 

↑まん丸いスダチ。

サイズがカエルに丁度良いです。

 

 

f:id:KOYANIMALS:20170911014212j:image

↑動画にしてみた「カエルの玉転がし」

ご好評いただき大変励まされました。

ありがとうございます。

 

f:id:KOYANIMALS:20170911105431j:image

↑どうしても、ひっくりカエルをさせたいというね。

( ´∀`)ハハハ

 

 

 f:id:KOYANIMALS:20170911200420j:image

↑めがねのうえや

f:id:KOYANIMALS:20170911195627j:image

↑ま!こんなところで!

f:id:KOYANIMALS:20170911195652j:image

↑いろんなところでカンガエル🐸🐸🐸

 

 

遊び過ぎてすみません。

 

🐸Instagramで「カエルの玉転がし」動画見てくださいね🐸

#koyanimals

#コマ撮り動画

#カエルの玉転がし

 

 

この度もご覧いただきありがとうございます。

 

 

 

 

 

秋が来る。

なかなか更新できずにいましたが。

 

f:id:KOYANIMALS:20170908133836j:image

 

ひどく暑い八月でした。

 

いわゆる母業していたら夏休みは「母さん仕事最盛期(気分だけだったとしても)」てやつで、KOYANIMALS的製作に繋がることにちーーーーっとも集中できない地獄の一ヶ月なわけでした。

私の場合、脳が働かないんですね。

体はまだどうにかだけど。

昨年もそうでした。

頭と心が不一致で。

 

いや、もちろん楽しく充実してもいるんですよ。子供とがっぷり四つ組みで。

気持ちよく組めてるうちは良いのですが、組まなくて良い時も当然あるのに、見境もつきづらくなり、ほっときたい、ほっとけないという負のループに陥ってしまい……。

 

あ、こんな話しじゃなくて。

 

なので、九月に、なったら脳が働き始め、ようやく作り始めるのです。

 

何故かカエルを。(笑)

 

f:id:KOYANIMALS:20170908134350j:imagef:id:KOYANIMALS:20170908134422j:image

 

クマやサルも手脚が動き、撮影の時に擬人化しやすくポーズが簡単な動物ですが、日本美術史振り返ればカエルも擬人化動物の代表格なのですね。

 

あまがえるは、田んぼに行くとみつけられる可愛い可愛い存在です。

春と秋にはいつも、田んぼから連れて帰りたくなるけれど、彼らのおうちから勝手にさらってはいかんので、毎回そっとバイバイしています。

f:id:KOYANIMALS:20170908135513j:image

↑小さな頭に小さな手脚。

作るのにはじめの一匹は三日かかりました。

 

f:id:KOYANIMALS:20170908135541j:image

↑で、やはり友だちとか兄弟姉妹をね。

 

 

f:id:KOYANIMALS:20170908135604j:image

↑秋といえばいちぢく❤

甘くてつぶつぶしてて、たまらん食味です。

 

 

f:id:KOYANIMALS:20170908135642j:image

↑毎年いただくスダチ❤

焼き魚や和物、色んな料理に使って本当にひと味上がります。

 

f:id:KOYANIMALS:20170908140003j:image

↑で、丸いもの見たらとりあえず転がす、と。

 

カエルとスダチで、小さな動画を作りましたのでInstagramで、

#KOYANIMALS #koyanimals #コマ撮り動画 #カエルの玉転がし

で探してご覧下さいね🐸

 

やっぱりカエルは愛らしく楽しいなぁ。

 

お読みいただきありがとうございます。

 

 

 

 

おうちスタジオ

久しぶりに書いております。

 

私、良いカメラは持ってないのですが、

作った動物たちを連れて、「今日は撮るぞ!」

と屋外をロケハンしたり、行き当たりばったり閃きに任せて撮影してみたり、いろんなパターンで楽しく撮っております。

 

f:id:KOYANIMALS:20170816065608j:image

尾道港。通りすがりのマダムにリュックを褒められましたぞ!

 

また、家の中で撮影するのは案外難しいものです。背景にゲンナリだったり、なによりライトが上手くいかず折角決まったポーズも台無し…なんてよくあります。

 真冬のスカッと晴れた日に、強い影を落として撮るのが家の中では一番安定して撮れたりします。

 

 

f:id:KOYANIMALS:20170816023835j:image

↑まるで南極の氷の世界にいるみたい……

に、見える?見えるよね?(笑)

 

しかし、いつもお天気が良いとも限らないし、選ぶことはできない。

なので、スタジオみたいなものが家の中にあると良いのにな……と思っていました。

 

 f:id:KOYANIMALS:20170809191644j:image

 

この夏、ちょっと大きくてガッチリとしたダンボール紙が手に入ったので、試しに組み合わせてみたら、あら、いい感じ。

これ、小さなスタジオみたいに出来るかも?

と、切ったり貼ったりしてみました。

 

f:id:KOYANIMALS:20170809191946j:image

 

白い画用紙を立て掛け、ホログラム折り紙を雨粒形に切ってぶら下げ、ミニライトで照らして。

 

f:id:KOYANIMALS:20170809192059j:image

 

↑その後こんな具合に進化!

うん!正に小学生の夏の工作です(笑)

そして撮ったのがこれ、

 

f:id:KOYANIMALS:20170816024205j:image

↑光の僅かな強弱でも雰囲気変わりますし、

写真アプリも重宝します。

 

 

 

f:id:KOYANIMALS:20170808225145j:image

↑「ちいさいうし」

ディスコ風にすると、仔牛もファンキー!

 

念願だったコマ撮り動画にも挑戦しております。これがとっても楽しいんです。

技術はまるきり未熟でヘタの横好きではございますが、InstagramFacebook、そしてyoutubeにコマ撮り動画をアップしておりますので、是非ご覧ください。

 

KOYANIMALS

コマ撮り動画

旅クマ

 

などのキーワードで検索してみてくださいね

 

f:id:KOYANIMALS:20170816064627j:image

 

 

 

お読みいただき、ありがとうございます。

夏休みもあと2週間ほどだよーーー。

 

 

 

 

 

赤の世界

私が作る動物には、茶色とか白、黒などという色が多いです。

自然の生きものにそういう色が多いということなんでしょう。景色に溶け込んで獲物を狙ったり。逆に、目立って敵に食べられたくないですもんね。

 

けど、作る私としては綺麗な色のものも作りたいんですよね。

なのでいるはずの無い色の小鳥を作って楽しんでいたりします。

f:id:KOYANIMALS:20170728115954j:image

 

このたび、ラテハートカフェさんのあか展に参加させて貰えることになり、喜んだのも束の間、一抹の不安を抱きました。

赤い生きものを探さなくちゃ、と。

 

カラフルという点で探せば結構いるんですが、赤にこだわるとなかなか見つかりません。

おや?と思うと、毒があるか、喉やお尻を誇張して異性にアピールしたいタイプのどちらかのよう。ウ〜ン、それだとイメージ湧かないなぁ。

 

なので、結局自分の好きなように作るわけですが(笑)これが楽しい。

 

 f:id:KOYANIMALS:20170728105847j:image

↑金魚ちゃん。今回作った中で、まぎれもなく赤い生きもの。お口パクパクしてる感じで。

 

f:id:KOYANIMALS:20170727103120j:image

↑タコ

すました顔してる(笑)

これも本当はここまで赤くないですよね。

そもそも生きてる時は擬態して色を変えたりするのもいますし。

 

f:id:KOYANIMALS:20170727103243j:imagef:id:KOYANIMALS:20170728212116j:image

↑赤い小鳥

こちら、完全にKOYANIMALSの頭の中に住んでるタイプですね。(笑)

赤と黄色と水色を組み合わせたお腹の色がお気に入り。

 

 

f:id:KOYANIMALS:20170728105806j:image

↑ぶーちゃんを赤で。

赤ってホント元気が出る色だなぁ。

 

 

 

f:id:KOYANIMALS:20170727103517j:image

↑炎のファイター B(ダルマ)

つい出来心で作ってしまいました。

赤と言えば、やはり闘魂的な……。

写真では見えませんが、前と後ろに炎を入れました。

これはダルマなので、転んでもちゃんと起き上がります。負けず嫌いなあなたに。(笑)

 

 

f:id:KOYANIMALS:20170727103751j:image

↑クマたち。

旅クマ「あか展」スペシャルです。

いつもはリュックですが、赤い色が目立つように斜め掛け鞄にしました。

 

f:id:KOYANIMALS:20170728112113j:image

 

フォトカードも少し。

赤い浮き輪の熊は昨年の夏の写真。

これ見ると、

「安心してください、履いてますよ。」

を、思い出します。(笑)

 

暑い季節に燃えるような赤い色が大集合!

40人もの作家さんたちの作品が一堂に会します。その中に混ぜてもらえる幸せに感謝❤

 

 8月2日からのあか展。

尾道ラテハートカフェさんにて。

あかいあかい世界を、どうぞお楽しみくださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

オーダー!

時に、「こんなの作って欲しいんだけど」

とご注文を頂くことがあります。

 

その都度、大変ありがたく思う反面、ちゃんとできるのだろうか?出来上がったものに納得してもらえるのだろうか?と不安でいっぱいになります。

今回はそんなお話です。

f:id:KOYANIMALS:20170725002855j:image

↑以前ご購入頂いた兎くんにパートナーを、とのご希望で。花柄サマードレスの女の子。

 

f:id:KOYANIMALS:20170721012720j:image

↑贈り物にされるとのことでのペンギン2羽。

ジェンツーペンギンとアデリーペンギン

ジェンツーは足が黄色、アデリーは薄いピンクです。

ご結婚祝いとのことでした。

 

f:id:KOYANIMALS:20170721012846j:image

↑お友達への記念の品にとご注文。

モデルは可愛いお子様たち。

 

f:id:KOYANIMALS:20170724224631j:image

↑柴わんこ達。植毛用の羊毛を試しにに使用しました。これ、難しい素材でした。

私なりに頑張りました。

 

 f:id:KOYANIMALS:20170721013208j:imagef:id:KOYANIMALS:20170721013301j:image

↑耕作地の除草活動用の山羊さんを模して。

 角がある動物に挑戦させて貰いました。

モデルになった本当の山羊さんは向島にいるのかな?実在の山羊さん達です。

 

f:id:KOYANIMALS:20170721014708j:image

モサモサ真っ白なイエティ。

これが確か4体目。

我ながらよく出来た気がして嬉しかったのを覚えています。

実際には存在すら確認出来ていない想像の生き物UMAなんですけどね。

 

f:id:KOYANIMALS:20170724230440j:image

↑ザトウクジラ

クジラ好きなお客様からのオーダー。

大切な方々に贈られるとのこと。

こうして並べるとクジラたちの歌が聞こえて来そう。

 私も大好きなザトウクジラ。

いつか作ろうと思ってました。きっかけを頂きありがとうございます。

 

 

KOYANIMALSの可能性を拡げてくださるお客様のオーダーは、毎回とても嬉しく有難いのですが、残念ながらお受け出来ないことがあります。

チャレンジングな内容よりも、下記のようなことが理由になります。

それは、

 

○愛犬、愛猫のミニチュアフィギュアをご所望の場合、大変申し訳ありませんが、完成度が保証出来ませんので基本的にはお受けしていません。

ご希望に近づける努力はいたしますが、あくまでも「KOYANIMALSの動物作品」であることをご納得頂いた上でのご注文にのみお応えしています。

 

○ご注文の時点で素材が手に入らない場合。

毛糸などの素材は流行によってモデルチェンジしたりします。理想的な素材がいつもあるとは限らず、お約束が果たせないと思われる場合にはオーダーにお応え出来ません。

 

お客様のご期待に添えないこと、毛糸の廃番など、作品製作に関わる不安にビクつくKOYANIMALSなのです。

 

f:id:KOYANIMALS:20170724223813j:image

シュナウザー

こちらは、お客様のご希望で既にお店あったキウイと同じ毛糸で作られています。

素材が残っていてラッキーでした。

f:id:KOYANIMALS:20170724224107j:image

↑そのキウイ

ちょっとわかりにくいですね……。

 

f:id:KOYANIMALS:20170724224228j:imagef:id:KOYANIMALS:20170724224306j:image

↑こちらはなんと!結婚披露宴のウエルカムボードと一緒に飾りたいとのことで特別に製作した、エボシカメレオン

お二人で歩まれる初めのページに、KOYANIMALSのカメレオンがご一緒させていただけるなんて、凄い!

カッコよく、可愛いヤツを作ろうと、頭をグルグル回転させて作りました。

f:id:KOYANIMALS:20170724225651j:image

↑晴れの日に。花嫁さんお手製の薔薇のオブジェと共に。

作り手冥利に尽きますね……感謝。

 

 

オーダーされる方々の心の中に住んでいる動物達。

カタチにするのはおこがましいか?と自問自答したりもしますが、でも、やはり、手に取り愛でる感動を味わいたくて今日もチクチク頑張るKOYANIMALSです。

 

 

 

お読みいただきありがとうございます、

 

次はいつかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

クマと写真

f:id:KOYANIMALS:20170711212352j:image

出先でレストランやカフェに立ち寄った時に、写真をパチリとやるのはよくある光景になりましたが、私は出かける時にクマをカバンで連れ行き、出会った美味しいものと一緒に写真を撮ります。

おもにレストランやカフェなどですが。

まあ、多少わざわざ感もありつつ楽しんでいます。もちろん、それを許してくれそうな面々との時に限りますが。

 

上の写真は大阪 天王寺の再開発地区に出来た新しいガレットのお店でのものです。

赤いテーブルクロスのおかげで画面が華やかです。

 f:id:KOYANIMALS:20170712075757j:image

私が作るクマにはワイヤーが入っているので(クマに限らずですが)、ある程度のポーズがつけられ支えなく立たせることが出来るので写真を撮るのに便利です。

カップやお皿をのぞき込むような様子や、手を伸ばしていたずらしているような感じに写ると、とても嬉しくなります。

小さなストーリーが生まれるようで。

 

 f:id:KOYANIMALS:20170711213049j:image

↑「いいかおり。飲みたいー!」

 

f:id:KOYANIMALS:20170711213205j:image

↑「そのベーコンわたしのだから」

 

f:id:KOYANIMALS:20170711213234j:image

↑「どうする?」

 

 f:id:KOYANIMALS:20170712090456j:image

↑これなんていうみかん?

 

 

f:id:KOYANIMALS:20170711213628j:image

↑「サク…サクサク」

このコーヒーシュガー、子供の頃初めて見てビックリしました。なんで小石があるの?と思って(笑)

クマもサクサク楽しんでいる様子。

 

 

撮影は周りの方に配慮しながら、マナーは極力守っているつもりですが、どう見ても楽しみ過ぎてますね。

毎度失礼しております。

 

また、時には「変なオバサン」として見られてるようにも思います。

そりゃそうでしょうね。ファンタジーな人だなぁと思われることでしょう。

聞くと、我が子には

「そんな母さんにはもう慣れた」

と言われてしまいましたが…。

すまないねぇ。

 

 

f:id:KOYANIMALS:20170711214753j:image

↑京都スマートカフェで。

なんか今見ても美味しそうなホットケーキ。

f:id:KOYANIMALS:20170712004022j:image

スマートカフェの赤いコーヒー缶が可愛い。

クマも映えます。

 

 

f:id:KOYANIMALS:20170712003726j:image

↑姪のバリ土産のケーキミックスで。

激甘で悶絶美味しいですが、いかが?

撮影地は自宅。

ちなみにこの子はギャクノワグマ(逆の輪熊)です。

 

 

f:id:KOYANIMALS:20170712005059j:image

尾道ラテ ハート カフェさんにて。

バケツプリンとクマたち。

これ、大きいだけじゃなくちゃんと美味しいプリンなんですよ!容器を逆さまにしてお皿に取り出す瞬間は盛り上がること間違い無し!

 

 

 

こんな風に撮っていると、時にお隣の席の方に興味を持っていただいて、それが新しい出会いに繋がることもあったり。

心の広い皆様に感謝です。

 

 こうして撮られた写真はKOYANIMALSオリジナルフォトカードにもしていますが、KOYANIMALSのクマや動物をお持ちの方、美味しそうな時間を動物と一緒にお楽しみくださいね。

すてきな思い出作りに一役買えたら幸せです。

 

 

 

お読みいただきありがとうございました。

また次回……